読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしと豆知識

暮らしの中で使える知っておきたい人気商品や便利グッズなどの備忘録ブログ。メモしておきたい掃除洗濯の裏技や人気の食べ物のまとめ記事もたまに。

暮らしと豆知識

<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<✄<<<
暮らしで使えるアイテムや裏技や豆知識をまとめたブログです。
〜 便利グッズ・掃除洗濯・人気のアレ・コレ情報など 〜

ドライアイの放置は危険!疲れ目10分回復方法と「あずきの力」を試してみた!

 

スポンサーリンク

今年のこの冬の寒さで苦手な暖房もつけているのでドライアイなのか目が辛くてたまりませんでした。

 

仕事の関係でもパソコン画面を見る機会が増えて目を酷使していたので、スマホ老眼やストレートネック的なのもあるのかな?とか思ったりも...。

 

溜め息が出るくらいに、目の奥が重ダルくてショボショボして肩も凝っていて首も痛い。もう憂鬱でたまりませんでした。

 

そんな時は決まって目頭や眉間、首の付け根の辺りをCMのようにギューって抑えるのですが、「違う!辛いポイントはもっともっと奥の方なのに届かない〜!」って感じでした。

 

 

そんな風に辛い疲れ目や、パソコンでの目の酷使からくる身体の不調に悩んでいる時に「温めると少し改善されてラクになるかもよ」と教えて貰いました。

 

少しでも改善されればいいなと思ったので、疲れ目をじんわりと温められる人気アイテムを購入して試してみました。

 

ー目次ー

 

ドライアイは目が乾くだけの問題ではない!

 

スマホ老眼もなにかと話題ですが、日本のドライアイ人口はここ5年で急増していておよそ2200万人にもなるそうです。

 

その大きな原因もまたスマホの普及にあると言われています。

 

でも、ドライアイの原因は一通りだけではなくて、コンタクト、レーシック、ストレス、エアコンなど様々な原因があると考えられています。

 

「怖い!」と思ったのは、アイメイクで眼に化粧品の異物が入ることによって症状が出る場合もあるそうです。

 

「でも目が乾くだけだし目薬さして過ごしておけば大丈夫でしょ!」なんて呑気に考えていた私は”ドライアイ”が実は放置してはいけないケアが大切なものだとTV番組で知りました。

 

TVの情報が全てではありませんが、ドライアイが原因で引き起こされる病気の中には、鬱病、偏頭痛、失明、結膜炎、角膜内皮障害など様々なものがあげられていました。

 

こちらの記事も参考になりました。

怖い!ドライアイが眼病の原因に! | ドライアイの対策と治し方

 

「自分がドライアイかどうかなんて分からない」という方でも簡単にセルフチェックが出来る方法があります。

 

ドライアイの簡単セルフチェック方法!

 

自分がドライアイなのかを知る簡単な方法として紹介されていたのが両目を開いて瞬きせずに10秒耐えられるかどうかです。ちなみに私は耐えられませんでした。

 

でも、これはもっとも簡易的なセルフチェック方法です。もっと詳しいチェック方法は眼科や大塚製薬のホームページなどでも出来ます。

 

また、耐えられない程の違和感があるならば必ず病院で診察を受けた方が良いです。素人のセルフチェックだけではやっぱり不安は拭えませんからね。

 

ドライアイの改善には温めるのが効果的!

 

ドライアイの改善には「温めること」が良いとTVなどでも紹介されています。

 

ドライアイの主な原因の一つに、皮脂腺が詰まることで涙が蒸発するのを防ぐ油が出なくなってしまっている状態が原因で引き起こされてしまうものがあります。

 

簡単にドライアイを緩和する方法として5分〜10分「温める」という方法がよく紹介されています。

 

温めることで油を溶かして皮脂腺の詰まりを改善し涙の蒸発を防ぐことでドライアイが軽減される場合があるからです。

 

また、温めることでドライアイ意外のお悩み改善にも効果が期待出来ます。

 

血行が良くなることで老廃物が流れやすくなったり、コリ、疲労感などの改善回復にも良い影響があると考えられているからです。

 

温めるという行為で少しの休憩を挟むと目にも心にもメリットが沢山あります。実際に目元を10分程温めるだけで凄く癒されますしスッキリして視界もハッキリしました。

 

ドライアイにお勧め!「あずきのチカラ」を試してみた!

 

今回購入したのはあずきの天然蒸気で温める「あずきのチカラ」目元用です。肩を温める「あずきのチカラ」も持っていて凄く良かったので目元バージョンも購入してみました。

 

 

使用方法

 

使い方は凄く簡単です。商品の白い面を上にして電子レンジで加熱するだけです。

 

  • 500Wでは40秒加熱
  • 600Wでは30秒加熱

 

繰り返しの使用の目安が250回まで可能です。使用回数を過ぎると温かさが持続しなくなったりします。ですから、そう感じたら買い替え時です。

 

レンジで温め過ぎると「キケン!」という文字が浮かび上がります。目元に乗せて熱過ぎると感じる場合は数秒待ってから使用します。

 

目元の疲労回復に役立つあずきのチカラ

 

「あずきのチカラ」は、鼻の部分に被さらないアイマスクのような形になっています。ですから、目元に乗せていても鼻が抑えつけられるような苦痛は全くないです。

 

目の酷使に効くあずきのチカラ

 

また、あずきの心地よい重たさが何気に凄く良いですし、目の部分は凹んだ形をしているので眼球が押さえつけられる事もないです。

 

凹んだ目の部分の周辺はふっくらとなるようにあずきが沢山入っています。これが目元周辺に丁度フィットして凄く気持ち良いです。

 

す目の酷使の改善にあずきのチカラ

 

蒸気は目で確認出来る程にモクモクと上がっているわけではありませんが、目元を温めた後に肌を触ると少し湿った感じがあります。

 

個人的には、ただ温めるだけではない「蒸気のチカラでじんわり温める」という効果は感じられました。あずきの香りはほんのりしますが嫌な感じではありません。

 

疲れ目やコリにも!洗濯が出来る「ホットリフレ」もお勧め!

 

実は「あずきのチカラ」を購入する前に偶然見つけたピップの「ホットリフレ」も購入しました。

 

 

「あずきのチカラ」を買いに行ったのに何故「ホットリフレ」に惹かれたかと言いますと...

 

  • 洗濯が出来る
  • 耳掛けが付いているので寝転ばなくても使える
  • 「ピップ」って有名だから良さそう^^;
  • 目のくぼみにフィットすると書いていた

 

こんな感じです。実際に使ってみて思ったのは私は「あずきのチカラ」の方が好みでした。でも便利さで言えば「ホットリフレ」の方が使い勝手は良いと思いました。

 

まず、洗濯が出来る点は凄く良かったです。「あずきのチカラ」も「ホットリフレ」も電子レンジで温めて蒸気のチカラで温めるという点では同じです。

 

 

蒸気で温めると使用後に素肌にも商品にも湿気を感じます。洗えるならば洗いたいですし、カバーが付いていて丸洗い出来た方が絶対に清潔です。

 

好みの柔軟剤で洗濯すると大好きな柔軟剤の香りもほんのりとして凄くリラックス出来ました。 

 

そして、上の写真にもあるように耳にかける事が出来るのは意外とかなり便利です。椅子に座ったままでも使用出来ます。

 

耳掛けがない「あずきのチカラ」の場合は見上げたり寝転ばないと落ちてきてしまいます。

 

「あずきのチカラ」と「ホットリフレ」はどっちがお勧め?

 

私の場合は、上記で書いたような幾つかのメリットを「ホットリフレ」に感じながらも「あずきのチカラ」の方が好きでした。

 

何故かというと、それは目元へのフィット感と乗せた時の重たさが「あずきのチカラ」の方が心地良く感じたからです。

 

また、温かさの温度も持続時間も「あずきのチカラ」の方が大きかったように感じました。「ホットリフレ」の温かさは私には優し過ぎました^^;

 

熱過ぎるのが苦手な方は「ホットリフレ」がお勧めです。何故なら私は「ホットリフレ」を母親に譲ったのですが、母親は文句言わずに「これイイよ〜」と愛用しています。

 

全く同じような商品に見えても「温かさ」「重たさ」「温かさの持続」に加えて、洗濯が出来たり耳掛けが付いていたりなどの面ではかなりの違いがあります。

 

それぞれがそこまで高価な商品でもないので、自分に合ったドライアイや目の酷使でのスマホ老眼や疲れ目の改善に繋がるグッズが必ずあるハズです。

 

少しのケアで少しスッキリするだけでも凄く嬉しかったですし、お悩みの方は是非是非色々と試してみる方が良いと思います。